不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは子宮や卵巣の機能が低下することがあります。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や焦りといった感情が不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になることもあり、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。
自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大切です。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。
葉酸は、ビタミンのひとつです。
その効果は十分な摂取によって、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸の摂取を心がけてみてください。
妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。
選ぶ基準としては、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。
葉酸の働きは、貧血を予防する効果がありますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。
それから、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。
ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。
葉酸は、ビタミンBの一種で、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。
なぜなら摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げる効果が認められています。
具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良い選択だと思います。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。
ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。
お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を減少させるという有効性に限った話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。
様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。
フルーツの中では、イチゴ、ライチに多いことが一般的に言われています。
それ以外では、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。
あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。
十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いと思います。
2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。
私はラッキーだったのか、服用後2か月には二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
一般的に、妊娠してから栄養指導を受けたり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。
多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。
レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。
ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が熱に弱く分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。
こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が推奨しているんです。
今では補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。
また種類によっては特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も少なくありません。
皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。
葉酸は、この時に重要な働きをします。
葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。
でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、どんな栄養素が必要であるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。
簡単な判別方法としては、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、サプリを選んでみましょう。
購入はこちら>>>>>おすすめの妊活用のサプリメントを探しています