治療を躊躇する

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。
対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。
定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。
ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
参考サイト:人気のホワイトニングジェルを探しています

コメントを残す